手っ取り早く
FXで儲ける!
債券マスター

債券

債券とは、企業や国、地方公共団体などの、事業の運営を行う団体などが、その運営資金などを調達するために発行する券になります。
団体はこの券を発行し、外に広く資金の提供を呼びかけ、これに賛同した投資家などがこの券を購入することで団体に資金を提供し、企業に融資をしていくのです。
これにより団体は事業の運営を行うことが可能となり、債券を購入した投資家などは、債権者となることによって、融資した資金を返金してもらう権利と、資金を融資したことによる倫理を受け取る権利を得ることになるのです。

つまり債券とは、団体に対して資金を貸し付けした借用証明書という事になり、またこの債券は有価証券として扱われているために、証券取引所などで売買取引が行われています。

このように債券は、特に企業の場合には、企業が資金を集める場合に発行する株券と非常によく似た性質を持ちますが、大きな違いがあります。
株券の場合にはその企業の資本家になるために、権利として得られるものとして、企業の業績やサービスを配当金や株主優待として受け取れる、企業の経営などに対して資本家として発言をする権利などがあります。



これに対して、債券では資金の貸し付けを行っているために、得られるものは元本の償還とそれに対する利子の受け取りになります。
この事から、株券の場合には企業の業績が低下した場合などは配当金がなくなったり、経営が破たんした場合には元本保証などがされないことがほとんどですが、債券の場合にはこうした部分が厳しく守られるという利点があるのです。

こうした債券には、国や地方公共団体、政府関係機関などが発行する公共債と、企業などが発行する民間債とがあり、また、日本国内で発行されて日本円で元金の支払い、金利や償還金の受け取りができる国内債券と、海外で発行されたり、海外の通貨によって金利や償還金の受け取りなどが行われる海外債券とに大きく種類が分かれています。

このような様々な債権は、資産運用のための投資として利用されることが多く、債券は証券会社などの金融機関から購入することができます。

債券での投資を行う際のメリットとしては、銀行などへの預貯金と比べると受け取ることのできる金利が大きいという事があげられます。

似たように大きな金利を持つものに定期預金がありますが、定期預金の場合には途中で銀行などから引き出すことができないために、とっさの場合にこれがリスクになることがありますが、債券の場合には証券市場での売買が可能となっているために、こうした場合にも債券を売却することによって、いつでも現金に戻すことが可能となっているのです。

また、近年ではhttp://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonlineやインターネットで扱えるネット証券も現れており、私たちの身近な投資方法の一つとして注目を集めているのです。