手っ取り早く
FXで儲ける!
債券マスター

国内債券

国内債券とは、国や公共団体、企業などが運営資金の調達のために発行する融資に対する債権の証明として発行する有価証券、債券になります。

国内債券は、日本の発行体が国内で円建てで発行する債券の事を指しており、国や地方公共団体、政府関係機関などが発行する公共債と、企業などが発行をする社債や金融債などといった民間債という分類があります。

このような種類や分類の違いにより、その債券が満期になるまでの期間、受け取れる金利の大きさ、その債券の信頼などにも違いが出てきますので、これを購入して投資をする側は、どの債券を購入するのかを自分の資産の運用の方向性などによって検討し、購入していく必要があります。

こうした国内債券でも良く知られているものに、国債があります。国債はその名の通りに日本の国が発行する債券で、国が発行をしていることから非常に安全性が高いといわれています。

国債は半年ごと年に2回利子を受け取ることができる利付国債となっており、また個人向け国債では、個人投資家を広く対象にした国際という事から、その購入できる額面が1万円からと安く設定されています。
個人向け国債には、その金利が経済の実勢金利を反映して変動していく変動金利10年型と、実勢金利の影響を受けずあらかじめ固定された金利を受け取ることができる固定金利5年型というものがあり、投資をする場合の選択の幅が広がっています。

公共債では、地方債券というものもあり、国ではなく都道府県などの政令指定都市や地方公共団体などが発行する債券になります。金利や満期機関などは様々ですが、この債券から得られた資金は、地方や地域の公共設備などの事業財源の確保のために利用されています。

こうしたものの他には、元金の償還と金利の支払いを政府が保証している政府保証債というものもあり、これは特別の法律によって設立された政府関係機関、団体、公庫などが発行をする債権の事を言います。

また、企業などが発行する民間債権についてもいろいろなものがあり、この中でも最も一般的なものは、企業が事業運営のための資金などを募る際に発行を行う、普通社債になるでしょう。
金利の設定や期間満了までの時間の長さもそれぞれに違う事や、また購入する際には債券を発行する企業の信頼状態などをしっかりと確認をしておく必要があります。

こうした企業の債券の中には、転換社債型新株予約権付社債というものがあり、これは債券としての機能を持ちながら将来的には、この債券をあらかじめ決められた価格で株券に変換できるものや、同じく債権でありながら、将来的に新株が発行された際にはその新株をあらかじめ決められた価格で株式を購入できるワラント債など、様々な権利が付いた債券も発行されています。