手っ取り早く
FXで儲ける!
債券マスター

債券金利

債券での投資を行う場合には、債券に設定されている金利の大きさに注目をする必要があります。
債券とは、国や地方公共団体、政府関係機関や一般企業などが、その事業などの運営や設備の投資などに際して、資金を調達するために発行するものになります。

債券には期間が設定されており、期間満了時には債券を買って融資を行ってくれた債権者に対し、債務者である国や一般企業はその融資された金額の元本を保証して償還しますが、それ以外に、貸し付けの金額の大きさに対して、あらかじめ設定されている金利を、利子として支払うことになっているのです。

こうしたことから、債券を利用しての投資では、基本的にはこの支払われる利子の大きさの設定、つまり金利設定の高い債券を選ぶことによって大きな利益が得られることになります。
特に新規に発行される債券を、その期間の満了まで持ち続けることを念頭として債券による投資を行うのであれば、この金利はしっかりと確認をする必要があります。

また、これ以外では、債券には利回りという考え方があります。
債券は数年単位という機関の投資になりますので、新規債券を買ったものの、何らかの事情でこれを売却するという事態に陥ることもあり、今の金利の債券よりも別の債券の金利のほうが良いので買い替えたいというように積極的に投資を行いたい場合もあります。

こうしたことから、債券は証券市場で売買取引が行われており、新規発行の債券に対して、既発債券と呼ばれ、投資家の間などで広く取引がされています。
このような既発債券にて投資を行う場合には、その利益に倒して利回りという考え方が出てくるのです。

債券は基本的に一口が100円で発行され、期間満了時にその100円がそのまま返還され、されにそれに応じた利子が得られることになります。
しかし、市場で取引をされる既発債券には市場で売買されている価格が付くために、例えば新規の発売価格が100万円であった債券であったとしても、100万円で売買されているわけではありません。

例えば、その発行元である企業の業績が不安定で、破たん寸前であるような状態であれば、その債券は大きく価値を落として100万円以下になるでしょうし、また、とても高い金利が付いている債券であれば、100万円以上で取引されることもあります。
このようなことからに、利子分の利益しか得られない新規発行の債券とは違い、既発債券の場合には、購入時と満期時の償還金との金額に差額が出る事があるのです。

こうした購入金額と償還金との差額と、購入した時点から満了時までの期間で得られる利益の額面を合わせて計算式で求めたものを利回りと呼んでいるのです。