手っ取り早く
FXで儲ける!
債券マスター

債券先物

債券先物とは、債券を利用した先物取引の事になり、債券の設定を取引の対象物として、新上目決められた価格で取引をすることを目的にした投資取引になります。
先物取引になるために、債券そのものを取引するのではなく、金融商品取引所がその債券に対して利率や償還期限などを設定し、それを取引の対象としている所が特徴になります。

先物取引では、対象となったものが、これから先の一定のタイミングで、あらかじめ決められた戸数や価格で売買を行うための取り決めを行った取引になります。

この先物取引を行うことによって、安定してその商品を手に入れることができるという利点があり、例えば、将来に高騰してしまいそうなモノに対して、いまの予算の中で購入したいという場合には、先物取引を行っておけば、将来にそのモノの価格が大きく上がって高くなったとしても、そのあらかじめ決めておいた価格でそのモノを手に入れることができるという事になります。

債券先物においては、投資を行う上での利点があります。例えば、極端な相場の変動などに対するリスク回避を行うことができるようになり、債券においては、債券を発行した発行体の信頼や市場金利の変動などによって債券の価格が変動する事があることから、こうした債券先物を利用することによって、そうした債券市場の相場変動リスクを回避することができるようになるのです。

こうしたことから、債券での資産運用のための資金の調達が見込めるようになったり、債券の発行体の信用による取引リスクを回避することができるほか、債券による投資に対して先物取引という新しい投資手段の発生や、債券市場の流通における安定化などが行われることになります。

債券先物では、債券の取引にあらかじめの取り決めを行い、特定の債券を特定の価格で取引し、また売買単位や受け渡し期日などもの取引条件も定型化されることになります。
こうして定型化された債券先物は、一定の証拠金を差し入れることで売買をすることができ、また期日前にも決済をすることもできます。

また債券先物の取引では、相場の変動による投資によって利益を出すことが可能になります。
買い手の場合であれば相場の上昇によって利益がでることになり、相場の下降によって損失に動きます。また、売り手の場合であれば、相場の下降によって利益方向に動き、上昇することによって損失方向に動くことになります。

こうした債券先物を利用することにより、一般的に長期取引での資産運用を行う債権を使い、短期な投資取引を行うことも可能になるのです。