手っ取り早く
FXで儲ける!
債券マスター

債券貸借取引

債券貸借取引は、レポ取引とも呼ばれており、債券を一定期間の間貸し借りし、その担保金や貸借料などをやり取りする投資取引になります。
この債券紙貸借取引は、主には企業や証券会社などが運用のため投資の組み換え、さらなる資産運用などの目的に行う取引ですので、わたしたち個人投資家がかかわることはほとんどありません。

大まかな取引の形としては、貸し手側が債券の貸し出しを行い、借り手側がその貸し出しの担保として金銭を受け渡しを行います。そして、その債券貸借取引の期間が満了になった際には、借り手側が債券を返却し、貸し手側は預かっていた担保金を返却します。

この債券貸借取引により、貸し手側は債券で動かなくなっていた分の資金を一定期間自由に使うことができ、借り手側は担保金の金利から債券の貸借料を差し引いた分の利益を手に入れることができるようになります。

この債券貸借取引にはいろいろな種類があり、もっともよく行われるのが先ほどの債券貸借取引になり、これは現金担保付債券貸借取引と呼ばれるものになります。
現金担保付債券貸借取引では、債券の借り手側は、債券の貸し手側から債券を受け取り、その担保として担保金を貸して側に渡します。

取引の期間の満了の決済時には、債券の借り手側は借り受けた債券を貸し手側に返却するとともに、貸し手側から預けていた担保金を受け取ることになります。

また、この決済時に、債券の貸し手側は、預かっていた担保金の金利を支払うことになり、債券の借り手側は、債券の貸借料を支払うことになり、その相殺された利益が多くの場合は、債券の借り手側、つまり担保金を貸し出した側に入ることになります。

無担保債券貸借取引では債券の貸し手側が、債券の借り手側に対して、担保金を受け取らずに債券を貸し付ける方法で取引がおこわれます。

無担保債券貸借取引では、取引の期間満了の決済時に、債券の借り手側は、債券の貸し手側に対して、借りた債権を返却するとともに、借りていた期間の貸借料を支払うことになります。

代用有価証券担保付債券貸借取引では、債券の貸し手側が、債券の借り手側から、担保金ではなく、担保になる有価証券を受け入れて、代わりに債券を貸し付ける方式になります。

この代用有価証券担保付貸借取引では、取引の満了の決済時に、債券の借り手側は借りた債権を返却するとともに、借りていた期間の貸借料を支払います。また、貸し手側は借り手側に対して、担保として差し入れられていた有価証券を返却します。