手っ取り早く
FXで儲ける!
債券マスター

債券投資

自身の資金を運用し、その資金量を増やしていく投資取引には様々な方法がありますが、そうしたものの一つに債券での投資取引があげられます。

債券とは、国や地方公共団体、政府関係機関、一般企業などの団体が、その業務の運営や設備投資などのための資金を集める際に、広く一般から資金の提供を募るために発行される券になります。

こうした団体は、資金集めのために債券を発行し、それを証券会社などで発売します。わたしたち投資家は、こうした債券を購入することによって、その団体に対して資金の提供を行うことになります。

提供された資金は、団体が様々なことに使うことになりますが、投資家はその提供した資金の証、つまり資金の貸付証明として債券を手に入れ、その貸し付けした資金の返却と、資金に対する金利を請求できる債権を有することになります。

あらかじめ定められた債券の期間満了時には、貸し付けした資金が元本として償還されるほか、債券の期間中などに、その貸し付けた資金に対する金利を受け取ることができるようになります。

このようにして、債券を購入することにより、自らの資金を保全することができ、なおかつその貸し付けの間の金利を得ることで資産を増やすことが可能な投資として、有効的に利用ができるのです。

こうした債券投資は、投資であるためにメリットとデメリットが存在しており、資産運用に用いる際には、こうした事をよく理解しておく必要があります。

債券投資の利点は、先にも出てきたとおりに投資した元本が戻ってくること、そして、投資を行っている期間、つまり債券の期間満了までの間の金利を受け取ることができるというものになります。
金利には固定金利や変動金利のものなどがあるので、投資を行う場合にはこうした部分も確認しておくといいでしょう。

このほかにも債券投資には利点があり、例えば同じように資金を投資して金利を得る資産運用に定期預金がありますが、定期預金の場合には途中で解約しげ現金に戻すことができず、また、それをした場合にはペナルティとして大きな手数料が差し引かれて元本割れを起こすこともあります。

しかし、債券投資ではこの債券を売買取引している債券市場がありますので、証券会社を投資て債券を売ってしまえば、期間の最中でも現金に戻すことが可能になっています。
また、債券市場を利用して債券を買うこともできますので、債券の元本よりも安くなっている債券を買い期間満了時まで保持して利益を得る方法や、高くなったところで売るという取引を行う事でもより利益を求めることができるのです。

債券での最大のデメリットは、債券を発行した発行体が経営破たんなどによって、債務不履行に陥るデフォルトになることです。
こうした債券に投資をしてしまわないように、債券を購入する際には発行体である団体の信用をしっかりと確認しておきましょう。